自分に合った素敵なウエディングドレスの選び方

実際に試着する

カラフルな花束と二本の指輪

冠婚葬祭と言えば結婚式ですが、ある年齢になると友人の結婚式に呼ばれる回数も増えて、いつも同じドレスというわけにもいかず、そろそろもう一着用意しようかなと考える人も多いのではないでしょうか。
そこで、実際にお店やネットショッピングでドレスと見ると、ミニ丈ものや肩が露出したもの、体のラインがはっきりわかるものが売られていたりするのです。
今は昔と違い、そこまでうるさくなくなったとはいえ、膝が見えないこと、肩が見えないこと、屈んだ時に胸元が見えないこと、白色ドレスや殺生のイメージのファーや毛皮素材のものは避けるのが無難です。
しかし、こうした点さえ気をつければ、結婚式の参加に向けて楽しくドレスを選ぶことができるのです。

フォーマルな席では、単色無地のものが良いとされてきましたが、ここ最近人気を集めているのが、バイカラーです。
結婚式での二色使いは、わかれるという意味に繋がり、あまり縁起の良いものとはされていませんが、バイカラーは近年のトレンドでもあり、カジュアルな結婚式や二次会ではオシャレ度の高い服装として許容される場合があるのです。
また、トレンドカラーのパステルカラードレスやワンピースは色どりもよく、女性らしさを取り入れやすく、会場が華やかになりおすすめです。
また、気心しれた友人の結婚式や二次会には、ビビットカラーのドレスやワンピースで個性を表現し、小物でシンプルにまとめるのも他の人とは違った印象でおもしろいです。